図書館からのお知らせ

 
  

西﨑緑先生より図書を寄贈していただきました

公開日 2020年10月16日

ソーシャルワークはマイノリティをどう捉えてきたのか : 制度的人種差別とアメリカ社会福祉史 / 西崎緑著

 

目次

 

序章 問題意識と本書の位置づけ

第1章 アメリカ・ソーシャルワークの起源と黒人の排除

(1) 建国以来の救貧制度と奴隷の排除

(2) 第二次大覚醒と社会正義の実践

(3) 解放民局による救済の意義再考

第2章 初期ソーシャルワーク界のマイノリティ認識

(1) 全米慈善矯正会議参加者のマイノリティ認識

(2) 社会事業学校と専門ソーシャルワーク

(3) 南部の教会と黒人社会事業学校

第3章 福祉国家体制におけるソーシャルワークと人種問題の浮上

(1) ニューディール福祉国家体制と公的福祉の拡大

(2) 戦時におけるソーシャルワーカーの関心の変化

(3) 黒人の北部・西部への移住と人種問題の浮上

第4章 冷戦期のソーシャルワークとアメリカ黒人

(1) パックスアメリカーナの一翼を担う専門ソーシャルワーク

(2) 経済成長の中での家族ソーシャルワークへの傾倒

(3) 人種統合への圧力とソーシャルワーク界

第5章 当事者運動と専門職との緊張関係

(1) 貧困戦争とその帰結

(2) 福祉権運動による告発

(3) 性、人種、階層と専門ソーシャルワーク

終章 対象者と支援者という構図を超えて

巻末資料

あとがき

初出一覧

参考文献

索引


貴重な資料をありがとうございました。

推奨ブラウザ: Microsoft Edge 25以上. Internet Explorer 11以上. Mozilla FireFox 45以上. Google Chrome 49以上. Safari 最新版.