研究室貸出図書蔵書点検マニュアル




こちらのページでは、研究室蔵書点検の全体の流れを説明します。

 

1. MyOPACログイン→点検作業ページへ移動

まずMyOPACにログインしてください。
MyOPACのログイン時に入力するIDは職員番号、パスワードは統合認証パスワードです。(統合認証パスワードがわからない方は、総合情報処理センターへお問い合わせください。)
画面中ほど(下の画像を参照)の「蔵書点検リスト」にあるリンクから点検作業ページに移動して作業を行います。

 OPAC画面.png

 

2. Webページにて作業(詳しい手順はこちら

  1. 今回の点検対象となっている資料の現物を確認する。(作業トップページに図書のリストが表示されます。リストは印刷可能なので、リストと図書現物を照らし合わせてご確認ください。)
  2. 蔵書点検作業用Webページにて、現物を確認できた資料のチェック欄に✔をつけ、「保存」ボタンをクリックする。(もしくは資料のバーコードを読み取って入力し、「送信」ボタンをクリックする。)

「保存」ボタン(「送信」ボタン)をクリックすると、点検が完了したと見なされます。すべての図書があることを確認できれば、この時点で点検作業は終了となります

 

3. 書類の提出

不明の図書があった場合、自動的に出力される実査結果表(PDFファイル)を印刷し、署名・押印して学内便等でご提出お願いします。

 




問い合わせ
担当:資料利用担当
電話:0852-32-6086(内線2740)



  
 
推奨ブラウザ: Microsoft Edge 25以上. Internet Explorer 11以上. Mozilla FireFox 45以上. Google Chrome 49以上. Safari 最新版.