研究室蔵書点検マニュアル



 

研究室貸出図書の蔵書点検の手順について説明します。
 

点検作業のおおまかな流れ

0. MyOPACへログインして点検作業ページを開く

1. 蔵書点検リストを基に点検をする

2. 点検結果を入力し、ページ最下部の「保存」ボタンをクリックする(もしくは資料のバーコードを読み取って入力し、「送信」ボタンをクリックする。)

3. 書類を提出する(図書実査職員任命簿、実査結果表)



 

0. MyOPACへログインして点検作業ページを開く

まずMyOPACにログインしてください。
ログイン時のIDは職員番号で、パスワードは統合認証パスワードです。統合認証パスワードがわからない方は総合情報処理センターへお問い合わせください。
画面中ほど(下の画像を参照)の「蔵書点検リスト」にあるリンクから、点検作業ページを開きます。

OPAC画面.png

 

1. 蔵書点検リストを基に点検をする

点検対象となっている資料のリストは、点検作業ページのトップページに表示されます。このリストを基に図書現物の確認を行ってください。
リストを印刷したい場合は、画面上部に表示される図書冊数表下部の「このページを印刷」をクリックすると、リストを印刷することができます。



 

2-1. 点検結果を入力する

初期の状態ではチェック欄が空欄となっていますので、所在を確認した本から✔をつけ、欄を埋めていってください。
昨年度✔をつけたものはあらかじめ✔が入った状態になっています。今年度、所在が不明の場合は✔を外してください。
リストの並び順については、「請求記号」「BOOKID」のどちらかを選ぶことができます。

2-2. 点検結果を保存する

入力し終わったら、リストの下の「保存」ボタンをクリックしてください。
(点検の途中で中断する場合も「保存」ボタンをクリックしてください。保存しないままページを閉じると、入力分が作業再開時に反映されません。)



 

点検途中の場合
「保存」をクリックした後のページで、「チェックリストのページへ戻る」をクリックすると、リストのページへ戻ります。保存した内容は、次回再開する際に反映されています。


 

3. 書類を提出する

不明図書の有無によって必要な書類が異なります。
 

不明図書がない場合(すべての図書現物を確認できた場合)
必要な書類:実査職員任命簿

不明図書がある場合
必要な書類:実査職員任命簿、実査結果表

 

どちらの書類も、「保存」をクリックした後のページでPDFファイルを出力できます。
実査職員任命簿については、学科名と職名、氏名を記入し、確認印欄に押印又は署名の上、学内便等でご提出ください。
実査結果表については、点検結果は既に反映されているので、署名・押印の上、学内便等でご提出ください。


 

バーコードリーダーをお持ちの場合(図書館から貸出可能です)

トップページの「一括読み取りページ」をクリックしてください。




すると、以下の画面が表示されます。




すべての資料のバーコードを読み取り終わった後に、入力欄の下の「送信」をクリックしてください。
「送信」をクリックした後のページで必要書類のPDFが出力できますので、学内便でのご提出をお願いします。



「一括読み取りページ」の注意事項

作業途中での保存ができません。小分けに作業を行う場合には、一旦ExcelやTextファイル等へバーコードを読み取ったデータを保存し、最後にまとめて「一括読み取りページ」から送信する方法を推奨します。


 


問い合わせ
担当:資料利用担当
電話:0852-32-6086(内線2740)


 

  
 
推奨ブラウザ: Microsoft Edge 25以上. Internet Explorer 11以上. Mozilla FireFox 45以上. Google Chrome 49以上. Safari 最新版.