図書館からのお知らせ

 
  

【再掲】研究室貸出図書の実査(点検)について(依頼)

2019年11月18日

令和元年 8月 1日

松江キャンパス
教 員 各位 


固定資産管理責任者        
附属図書館長    
川向 誠

 

研究室貸出図書の実査(点検)について(依頼)


   
日頃より資料の適正な管理にご協力いただき、誠にありがとうございます。
さて、附属図書館では国立大学法人島根大学図書実査要項に基づき毎年、図書(固定資産)の実査を行っています。つきましてはご多忙のこととは存じますが、研究室貸出図書について下記のとおり実査(点検)を実施していただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。


1 対象資料
点検対象の資料は、平成31年3月31日までに研究室貸出しているすべての備品図書です。点検対象リストは図書館ホームページ「MyOPAC」の「蔵書点検リスト」よりご確認ください。

2 点検期間
  令和元年8月1日 ~ 令和元年12月31日

3 実施内容
1)    点検時はMyOPACにログインし、「蔵書点検リスト」にあるリンクから点検を実施してください。実施方法の詳細につきましては、下記URLの「研究室蔵書点検実施マニュアル」をご精読のうえ、実施してください。
https://www.lib.shimane-u.ac.jp/menu/usage_guide/kenkyutenkenmanual.html

2)    点検後、不明図書があった場合は「実査結果表PDFの出力」から結果表を出力してください。出力した結果表は印刷し、下記担当までご提出ください。

※資料室にある備品図書は、管理している皆さまで点検をお願いいたします。責任者を決定されたら、図書館までご連絡お願いします。
資料室の備品図書については、研究室と同様にMyOPACにてリストを見ることができます。リストが表示されない方は、図書館までご連絡ください。

4 その他
(1) 3年連続して不明の申告があった図書は紛失とみなし、現物にて弁償していただくことになります。所蔵リストの左上の合計冊数の下に不明図書の冊数が表示されている方はもう一度ご確認をお願いします。

(2) 長期出張等で不在のため実施できない場合は、その旨をメールでご連絡ください。

(3) 各学科共通の資料室図書も点検の対象となりますので、各責任者もしくは担当教員の方は実施をお願いいたします。

(4) 退職または転出の際には全ての図書資料を図書館へ返却していただく事になっています。令和元年度中に退職または転出予定の教員の方は、担当係(内線2741)までその旨お知らせ願います。(すでにお知らせいただいた方は除きます。)

(5) 研究室の所蔵リストに載っている図書は、退職または転出される際に必ず図書館にご返却いただく図書です。今後とも不明図書が生じないよう資料の取り扱い、管理には一層の注意を払っていただきますようお願いいたします。

(6) 点検期間中の不要図書の返却は受け付けません。来年度の返却図書の受付は例年通り、来年6月ごろに行う予定です。

国立大学法人島根大学図書実査要項 
https://www.lib.shimane-u.ac.jp/_files/00294874/jissayoukou20190131.pdf



担当者連絡先: 附属図書館資料利用担当 
                      内線 2740・2741
   メールアドレス sabisu@lib.shimane-u.ac.jp

                

推奨ブラウザ: Microsoft Edge 25以上. Internet Explorer 11以上. Mozilla FireFox 45以上. Google Chrome 49以上. Safari 最新版.