図書館からのお知らせ
全館 ファシリテーターになろう―ファシリテーション研修会―の参加者募集中!! ※表示期限切れ:2016/12/13
 島根大学附属図書館・松江市立図書館は、ファシリテーターになろう―ファシリテーション研修会―を開催します。ファシリテーションの基本を学ぶ1日コースの研修会が松江で開催されますので、この機会をお見逃しなく是非、ご参加ください。下記要領で参加者の募集を開始しましたので、多数の皆さまのご応募をお待ちしております。応募が殺到することが予想されますので、お早めにお申し込みください。 《開催要項ダウンロード》

1 趣旨・目的
 ファシリテーションは、問題解決や組織内の合意形成を支援する技術で、組織(人と人)の協働を促し、組織(人と人との関係性)を活性化させるファシリテーションの技法を身につけたファシリテーターの役割は、今後益々重要となると考えられます。ファシリテーションは様々な場面で応用ができ、例えば、次のような場面での活用ができます。

  @会議の活性化(メンバー一人一人のアイデアを活かし、意味のある会議に)
  Aチーム活動の活性化(メンバーの能力を活かして、チームの生産性を高める)
  Bワークショップの開催(様々なワークショップを効果的に企画・実施)
  Cその他 ・・・

 この研修会は、参加者にファシリテーションの考え方と基本的スキルを修得していただき、日常の業務や様々な活動に活用できるようになることを目的として開催するものです。
 なお、本研修会は、松江市立図書館開館30周年記念事業の一環として開催します。


(画像をクリックするとポスターがPDFファイルで開きます)

2 対 象  図書館司書(公共図書館,学校図書館,大学・高専図書館),学生,一般市民

3 日 時  平成28(2016)年12月13日(火) 10:00〜16:45

4 会 場  タウンプラザしまね 6階大会議室

5 講 師  荒川長巳島根大学保健管理センター教授
(講師紹介)
 精神科産業医として島根大学に勤務する傍ら、「人と地域を元気にするために役立つスキル」であるファシリテーションを普及するための講座、ワークショップを多数開催している。最近では、ホールシステムアプローチと呼ばれる手法を用いたワークショップに新たな領域を開拓しつつある。博士(医学)。日本ファシリテーション協会会員

6 実施方法
 ファシリテーションの考え方と基本的スキルをワークショップ形式で学びます。

7 申込方法
 別紙参加申込書(WordファイルPDFファイル)にご記入の上、申込先までメール添付またはFAXにてお申込みいただくか、Webフォームからお申込みください。
  
 定員に達し次第申込みを締め切らせていただきまので、お早めにお申し込みください。定員を超えてお申込みいただいた場合は、お断りすることがあります。その場合はご連絡します。

申込締め切り:11月7日(月)
  
8 主催・共催
 主催: 島根大学附属図書館 / 松江市立図書館
 共催: 島根県立図書館 / 島根県図書館協会 / 島根県大学・高等専門学校図書館協議会
  

9 申込み・お問い合わせ先
    島根大学附属図書館
    情報サービス・グループ 昌子喜信
    TEL: 0852-32-6086 FAX: 0852-32-6089
    E-mail: shoji@lib.shimane-u.ac.jp

公開日:2016/10/12
更新日:2016/10/17
掲載期限:2016/12/13
電話:0852-32-6086(内2740)
戻る