図書館からのお知らせ
本館 企画展示 江戸力―手錢家蔵書から見る出雲の文芸―を開催中! ※表示期限切れ:2016/11/30
 出雲市大社町の手錢家には、江戸時代の出雲文化を知る手がかりとなる資料が多く残されています。これらの資料を読み解き、活用・発信することを目的として、出雲文化活用プロジェクトが2014年から始まりました。本プロジェクトの今年度のイベントの一つとして、企画展「江戸力―手錢記念館蔵書から見る出雲の文芸―」を開催します。

 これまでの蔵書調査で、江戸時代の出雲大社周辺地域では、和歌や俳諧をはじめとする独自の文芸活動が盛んに展開され、手錢家の蔵書はこれらの文芸活動の諸相を具体的に示す貴重な資料であることが分かってきました。本企画展では、和歌と俳諧を中心とした手錢記念館所蔵資料によって、出雲大社周辺地域における江戸時代の文芸活動の様相や変遷をたどります。手錢記念館コレクションの企画展示は、松江では初めての開催となりますので、この機会にお見逃しなくご覧ください。


(画像をクリックするとポスターがPDFファイルで開きます)

会 場: 島根大学附属図書館 展示室
会 期: 2016年11月9日(水)〜11月30日(水)
ギャラリートーク
 以下の日程で手錢記念館学芸員による展示解説を行います。
  日時:11月17日(木)13:30〜14:00

主 催: 出雲文化活用プロジェクト
  (公益財団法人手錢記念館/島根大学附属図書館/島根大学法文学部山陰研究センター)

お問い合わせ先: 島根大学附属図書館 TEL: 0852-32-6086
         手錢記念館 TEL: 0853-53-2000  

*出雲文化活用プロジェクト
手錢家所蔵資料の調査研究、翻刻、デジタル化を進め、その成果を公開することによって、江戸時代における出雲大社周辺地域の生活文化や文芸活動の諸相を広く地域市民と共有することを目的として、(公財)手錢記念館、島根大学法文学部山陰研究センター、島根大学附属図書館が連携して立ち上げたプロジェクトです。2014年度から、毎年文化庁の助成を受けて事業を進めています。

島根大学附属図書館デジタルアーカイブ --> 手錢記念館
公開日:2016/11/09
更新日:2016/11/25
掲載期限:2016/11/30
電話:0852-32-6086(内2740)
戻る